結局いるの?いらないの?わが家が購入した出産準備品 ~日中のお世話グッズ編~

マタニティ

はじめての出産の場合、出産準備といってもまず何をどれだけ用意するべきなのか悩まれている方も多いのではないでしょうか?

私の場合、ママになった友人にアドバイスをもらいながら進めましたが、いわゆる「出産準備リスト」をみて準備したけど、結局使わなかった物があったという声を聞くこともありました。

わが家は「なるべく無駄をなくしたい」ということで、様々な意見を参考にして最小限の準備をすることにしました。
結果、結局買い足した物はあったものの、買ったけど使わなかったという物はなくすことができました!
これから出産準備をする方の参考までに、わが家の出産準備についてご紹介できればと思います。

今回は…日中のお世話グッズ編!

実体験を元に、「出産前に何を揃えたか、結果どうだったのか?」ということについてお伝えできればと思います。

はぁまま
はぁまま

なるべく無駄なく必要なグッズを揃えたいという方のご参考になればと思います!

日中のお世話グッズについて

日中のお世話グッズまとめ

わが家の「買った/買わなかった」まとめです!

グッズ〇:買った
×:買わなかった
備考
クーファン×ベビーベッドをがあるため、購入せず。
ベビーラック×寝かしつけに対応しているものや、離乳食の椅子にもなるので気になったことはあるが、購入せず。
バウンサー×3か月頃~友人が貸してくれたものを使用中。家事をするときに目の届くところに置けるので役立っている。ただ、あおくん(息子)はあまり相性が良くなく、機嫌が良いときしか乗ってくれない。
ベビーマット3か月頃にベビーベッドでおむつ替えや着替えがしにくくなったので購入。IKEAのジムマットを使用中。

日中のお世話グッズについては、わが家はベビーマットのみ購入しました。

可動式のベビーベッドを購入したため、新生児期のお世話のスペースはそこで事足りていました。
家が1LDKということもあり、ベビーベッドの移動も簡単でした!

個人的には、日中安全に過ごせるスペースを確保できればOKなのではないかな?と思います。

ベビーラックやバウンサーは「赤ちゃんのご機嫌アイテム」として役に立ったという声もよく聞くので、あれば便利だろうなと思いますが、赤ちゃんによっては「合う/合わない」が左右されるものでもあります。
高価なものでもあるので、心配な場合はレンタルで様子を見るのもアリかもしれません。

はぁまま
はぁまま

わが家はバウンサーを友人から借りましたが、見事に合いませんでした。泣

こんなときは役に立つかも?

・クーファン

里帰り出産のときなど簡易ベッドとして
ペットから隔離する

・ベビーラック

寝かしつけ道具として
家事をしているときの待機場所
ワンオペのお風呂の待機場所

・バウンサー

寝かしつけ道具として
家事をしているときの待機場所
ワンオペのお風呂の待機場所

バウンサー選びについての記事はこちら

わが家の状況

・初産、身内にも子供がいないのお下がりなし
・里帰り出産をせず、出産後に自宅へ帰宅
・徒歩15分以内にショッピングセンター、ドラッグストアあり
・ネットショッピング(amazon、楽天)ヘビーユーザー

ゆぅぱぱ
ゆぅぱぱ

万が一、足りないものがあっても、すぐに買いに行ける状況!

準備するときの注意点

まずは、日中赤ちゃんをどこに寝かせるか?/どうやって家事をするか?検討されることをおすすめします。
わが家は1LDKで寝室が隣なので、ベビーベッドをリビングに移動させて使うことにしました。

ベビーラックやバウンサーは便利で赤ちゃんの安全も確保してくれますが、赤ちゃんによっては「合う/合わない」が左右されるものでもあります。

はぁまま
はぁまま

ひどい場合は置いたらギャン泣きされてしまうこともあるようです…泣

出産前に準備したものとは?

・なし

可動式のベビーベッドを購入したので、日中のお世話もベビーベッドひとつで事足りました。

寝室との間も仕切り1枚でリビングから様子を見ることができるので、状況に応じてベッドの位置を移動させて使っていました。

ベビーベッドで十分OKだった

家が1LDKで狭いこともありますが、わが家の場合はベビーベッドで事足りました

ただ、新生児の頃、どうやったらお昼寝をするのか試行錯誤しているときには、ベビーラックやバウンサーなど、あやしてくれる道具があれば便利だろうなと思ったことはあります。
結局のところ、わが家の場合はコニーの抱っこ紐など他の方法でよく寝てくれるようになりました。

ちなみに、わが家が使用しているベビーベッドは「Apricaココネルエアー」です。

Apricaココネルエアーのおすすめポイント

・可動式なので、ラクに移動ができる!
わが家は1LDKなので、日中はベッドをリビングに移動させてベビーラックの代わりとしても使用していました。

・周りがメッシュガードなので安全!
赤ちゃんの手足が当たっても痛くなく、柵に挟まる心配もないです。

・畳んで収納できる
しばらく使わなくなったとしても、畳んで保管できます。

・デザインがかわいい
これは完全に好みですが、部屋にも馴染むデザインで気に入っています!

わが家が使用しているものはこちら「Apricaココネルエアー」

https://room.rakuten.co.jp/room_e509188d2b/1700113583415217

退院後の様子について

しばらくの間はベビーベッドで事足りていましたが、すぐに身長も体重も急成長!

生後3か月頃からベッドに垂直に置くと頭や足がつくようになってしまい、ベビーベッドでおむつ替えや着替えをするのが難しくなりました。(大きめということもありましたが…)

このタイミングで、床でもおむつ替えや着替えができるようにベビーマットを購入しました。

はぁまま
はぁまま

あおくん(息子)が大きめということもありますが、ベッドの幅が60㎝なので、すぐに垂直に置けなくなってしまいました。赤ちゃんの成長は早い…!

退院してから買い足したもの

・ベビーマット

・ベビーマット
フローリングなので、床を使うとなるとマットが必須アイテムでした。

わが家ではしばらくの間ベビーベッドメインでお世話をしていました。
畳の部屋がなく、おむつ替えできるような台もない場合は、部分的にジョイントマットを敷くなど、赤ちゃんを置けるスペースを用意しておかれた方が良いかもしれません。

わが家ではIKEAのプレイマットを使用しています。

IKEAのプレイマットのおすすめポイント

・床掃除がラク!
ジョイントマットと違って、すぐにマットをあげられるので掃除がしやすく、連結部分にホコリがたまることがない
お掃除ロボットを使っているご家庭にもおすすめ!

・立てかけられる!
畳んだマットが自立するので、使わないときも邪魔になりにくい。

・拭ける!
撥水性があって除菌シートで拭けるので、お手入れがラク!

はぁまま
はぁまま

お掃除はルンバに任せているので、扱いがラクなプレイマットにしてよかったです!

わが家が使用しているものはこちら

PLUFSIG ペルフスィッグ 折りたたみ式ジムマット, ブルー - IKEA
PLUFSIG ペルフスィッグ 折りたたみ式ジムマット, ブルー. 跳んだり転がったりすることで、お子さまの運動能力やバランス感覚が養われます 使わないときはコンパクトにたためます 子どもの肌は非常に刺激に敏感ですが、どうぞご心配なく。この製品は厳しい安全性の試験に合格しています。つまり、お子さまの肌や健康に害を及ぼす...
バウンサーを借りてみて

あおくんが生後3か月頃、はぁままの友人がバウンサーを貸してくれました。

実際に使ってみた感想としては、「自分で買わなくてよかった・・・」でした。笑

※注※あくまでも、「わが家の場合は」です。

「赤ちゃんがご機嫌ナナメなときに役立っている」とか
「バウンサーに乗せてしばらくユラユラしていると寝る」とか

そんな噂を聞いていたので、これに乗せればラクができる~と期待していたのですが…

それは甘かった。
一回だけバウンサーで寝たかな?ぐらい…

あおくん(息子)の場合、機嫌がよくないと乗ってくれません
乗せて暴れることもしばしば。これで寝かしつけもできれば、最高だったのに…
赤ちゃんによって「合う/合わない」があるのを実感しました。

わが家の場合は、ご機嫌取りアイテムとしてはイマイチでしたが、ちょっとキッチンで料理したいときなど、目の届く範囲に置いておきたいときには重宝しています!(機嫌を伺いながらになりますが…)

ちなみに、貸してもらったのはこちらです! 


はぁまま
はぁまま

わが家の場合は、お助けグッズとしての効果はいまひとつでした…ただ、赤ちゃんを置くスペースとしては移動もラクで使わないときは薄く畳めるので扱いやすかったです!
前から気になっていたアイテムだったので、貸してもらえてすっごく助かりました!

バウンサー選びについての記事はこちら

【最終結果】わが家が買ったもの

出産前に買ったもの
・なし

退院後に買ったもの
・ベビーマット

日中のお世話グッズについては、日中安全に過ごせるスペースを確保できればOKなのではないかな?と思います。

赤ちゃんによって「合う/合わない」が左右される可能性もありますが、便利な機能が付いているグッズもたくさんあるので、必要に応じてパパママがお世話をしやすいものをプラスするのが良いかと思います。

まとめ

わが家の場合はベビーベッドがあったので、赤ちゃんが少し大きくなった3か月頃にベビーマットを購入しました。

日中安全に過ごせるスペースが確保できれば十分だと思いますが、必要に応じてパパママがお世話をしやすいものをプラスするのが良いかと思います。

ベビーラックやバウンサーは高価なので、レンタルで様子をみるのもアリかもしれません。

こんなときは役に立つかも?

・クーファン

里帰り出産のときなど簡易ベッドとして
ペットから隔離する

・ベビーラック

寝かしつけ道具として
家事をしているときの待機場所
ワンオペのお風呂の待機場所

・バウンサー

寝かしつけ道具として
家事をしているときの待機場所
ワンオペのお風呂の待機場所

バウンサー選びについての記事はこちら

日中のお世話グッズまとめ

わが家の「買った/買わなかった」まとめです!

グッズ〇:買った
×:買わなかった
備考
クーファン×ベビーベッドをがあるため、購入せず。
ベビーラック×寝かしつけに対応しているものや、離乳食の椅子にもなるので気になったことはあるが、購入せず。
バウンサー×3か月頃~友人が貸してくれたものを使用中。家事をするときに目の届くところに置けるので役立っている。ただ、あおくん(息子)はあまり相性が良くなく、機嫌が良いときしか乗ってくれない。
ベビーマット3か月頃にベビーベッドでおむつ替えや着替えがしにくくなったので購入。IKEAのジムマットを使用中。
はぁまま
はぁまま

あくまでもわが家の場合ということになりますが、参考になれば幸いです。

他のグッズ編はこちら


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました